スマホの故障や破損は玄人の専門業者へ依頼を

大切なデータ

スマホを見る2人の女性

1999年頃から始まったと言われるITバブルであるが、現在では、当初と比べ、インターネットに対する世論の認識、PCの普及率、アベイラビリティーの向上、等々、システム関係の会社に携わる一部の人々のものではなく、幅広く社会に浸透していると言っても、過言ではないでしょう。
情報通信の発達により、街頭に広がるお店の種類、その数がバブル当初とは言うまでもなく大幅に変化している。
現在では、インターネットカフェ、漫画喫茶などはもちろん、コワーキングスペースといった、ネットビジネスを中心とした、デザイナーやイラストレーターなど、個人事業主が集まるスペースを小分けにして貸し出している店も存在している。
普通のカフェにおいても、電源やwi-fiが設置されるなど、場所を問わず、仕事や遊びが出来る、まさにユビキタス時代の到来と言っても良いと思います。

ITバブルの時代があったことは、ニュースでもよく見ましたが、ITバブルが弾けたという話はあまり聞きません。
というのも、俗にいうオイルショックにて崩壊した「バブル」の時とは違い、現在でも現実にネットビジネスで稼いでいる人がおり、また、稼ぎ続けている人がいるからです。
ITが世の中に広く知れ渡ったとは言っても、実際に使いこなせている人はそうはいませんし、「情報通信」という広い見方ではなく、もっと細かく細分化した時に、それはそれは多くの職種や分野がありますので、個人が持つであろうスキルは人それぞれ様々だと感じます。
これからの時代は、もっともっと個々人が広く、そして深くIT知識を取り入れることにより、場所や、それこそ人の立場や関係性に捉われない社会が出来上がっていくのだと感じます。