スマホの故障や破損は玄人の専門業者へ依頼を

データ復旧も

スマホ

最近では市場の大半を占めるようになったandroidなどのスマートホンですが、あまり人気が無くても同様に多機能を売りとしたモバイル端末というのは存在します。
大手企業が出している物としては、WindowsOSを搭載した物を初めとして、blackberry社が開発、提供しているblackberryOS搭載機器などもあるのですが、日本においてはあまり需要が無く広まっていないというのが現状です。
また、現在ではスマートフォンやタブレットに市場を取られてしまったのですが、過去には中国系のメーカーがMP3プレイヤーに動画、カメラなどを機能として搭載した「MP5プレイヤー」という物を販売していたこともありますし、もっと以前にはPDAと言われる機器も販売されていました。

情報通信を基本とした多目的機器として大きな需要を持っているのが「android」と「ios」ですが、これ以外にも多くのOSや多目的機器は存在していますし、市場が飽和しだした現在、「第三のOS」の開発にひそかに注目が集まっています。
例えば日本のドコモなどが開発に参入している「タイゼン」と呼ばれるOSや、プラウザとして有名な「firefoxOS」、フリーLinuxOSの大手である「ubuntu」などがモバイル機器向けOSの開発に参入しており、大手二つに並び未来の主流となる「第三のOS」として各社ともしのぎを削っている状態です。
一方でタブレット端末やノートパソコンなどが情報通信の主流を担おう様になっている現在において、電話は通話とメールだけで十分という声も大きく、多機能とは真逆のガラケーに戻っているという動きもあります。